被害を受けずに退治する|速やかに鳩の駆除をしてくれる安心の業者とは
メンズ

速やかに鳩の駆除をしてくれる安心の業者とは

被害を受けずに退治する

蜂

繁殖期に注意が必要

蜂に関わらず全ての野生動物は、自分や仲間が襲われると判断した時に防衛本能として人を攻撃します。しかし、繁殖期に入ったスズメバチは巣に近づく者に攻撃を加えます。スズメバチの繁殖期は8月から10月なので、この時期は最も注意が必要です。逆に女王蜂以外の蜂は冬を越すことができないので、12月から4月は刺される心配はほとんどありません。スズメバチは種類によって巣を作る場所が異なりますが、主に狭い隙間があって雨風が防げる場所に好んで巣を作ります。そのため、巣の本体が見えないことが多く、気づかないうちに巣に近寄ってしまっていることがあります。同じ場所でスズメバチを見ることが多い場合には近くに巣がある可能性があるため、駆除業者に調査をお願いしてみてください。

自力で行うときの注意

自分で蜂の巣の駆除を行うのは、小規模なスズメバチ以外の種類の巣の場合に限ります。それ以外の場合には、危険を伴うため専門の駆除業者に依頼するようにしてください。小規模な蜂の巣の駆除を自分で行う場合でも蜂に刺されないように白っぽい服を着るようにしてください。蜂は黒のような濃い色に反応するので頭も多い、素肌は全て覆うようにしてください。蜂は頭や目のような黒い部分を狙って攻撃してくるので、帽子やゴーグルも必須です。他に必要なものはピレスロイド系の殺虫剤と巣を入れるためのゴミ袋が必要です。しかし、自力で蜂の巣の駆除を行うことはお勧めできることではありません。少しでも危険を感じるようであれば業者を利用することを検討して下さい。